離婚調停や弁護士など法的に夫婦を終わらせる【法は救いとなる】

Job offers

離婚をしたいその時

女性の社会的地位が男性とほぼ変わらなくなった事もあり、離婚というケースは珍しくない夫婦間の問題となりました。離婚調停を家庭裁判所に申し出る事をすれば、法的に正々堂々と夫婦決別を迎える事が可能となったのです。

離婚調停を行なう

相手に非があるのにも関わらず、中々離婚の申し立てに応じない場合もあります。その場合は家庭裁判所にて離婚調停を行えばいいのです。法律の力はとても強く、養育費の支払いを強制執行させる事も出来てしまいます。

公正証書と慰謝料

静岡で交通事故に巻き込まれて後遺症が残ってしまった。一人で悩まなくても良いのです。貴方の苦しみを相談しましょう。

難しい相続問題を弁護士に相談することで、公平に納得できる分け方を教えてくれます。まずは、プロに任せて意見を聞いてみることが大切です。

公正証書を作成する人が増えてきました

配偶者の不倫などが原因で離婚せざるを得ない状況に追い詰められてしまった場合、その原因を作った配偶者や浮気相手から慰謝料を取ることができます。不倫発覚後の話し合いで離婚せずにやり直してみるという結論に達した場合でも、心に傷を負ったことは事実ですので慰謝料を取ることができます。ただし、離婚に至った場合に比べると、その金額が少なめになります。日本人の多くは第三者の手を借りずに協議離婚するという方法を選択しますので、従来は慰謝料の支払いに関する話し合いを当事者間で行い、単なる口約束で済ませてしまうケースが少なくありませんでした。しかし、支払いを踏み倒されてしまうケースがとても多かったため、最近では慰謝料に関する合意内容を公正証書にしておく人が多くなってきました。

専門家を利用する人が増えそうです

なぜ慰謝料に関する合意書を公正証書にしておく人が多くなったのかと言うと、万が一不払いがあった場合、その公正証書を債務名義にして相手方の財産に強制執行をかけることができるためです。よく行われるのは、給料を差し押さえるという方法ですが、そうすることによって、確実に相手に責任を負わせることができるようになります。よく念書を作っておく人がいますが、念書を債務名義にすることはできません。そのため、慰謝料の支払いを求める裁判を別に起こさなくてはならないことになっているのですが、そんなことをしているうちに財産を隠されてしまう可能性がありますし、かなり大きな負担になります。公正証書にしておけば、そのような心配をする必要がなくなるわけですが、素人には難しい手続きであるため、専門家を利用する人が増えるだろうと考えられています。

新着情報

相談は法律家へ

離婚するとなると心身的に相当疲れてしまいますが、それ以上に大変であるのが親権や慰謝料などと言った法的な事柄です。対処しきれないのであればすぐさま専門としている法律家に解決を依頼する事が必要です。